北海道十勝総合振興局のホームページ/十勝のまち

十勝のまち


※地図の市町村名をクリックすると各市町村名の情報をご覧いただけます。

map350_tokachi.gif陸別町 足寄町 本別町 士幌町 池田町 浦幌町 豊頃町 幕別町 更別村 広尾町 大樹町 中札内村 帯広市 芽室町 清水町 音更町 鹿追町 上士幌町 新得町

  帯広市

所在地
〒080-8670 北海道帯広市西5条南7丁目1番地
電話番号
0155-24-4111

帯広市は、豊かな自然環境と快適な都市機能とが共存し、自然の豊かさと暮らしやすさをともに実感できる道東の中核都市です。

広大な大地や豊富な農畜産物など、地域の強みを活かしながら、「フードバレーとかち」の旗印のもと、誰もが夢と希望を持つことができるまちの実現を目指しています。

また、低炭素社会をめざし先駆的に取り組む「環境モデル都市」や、地域のバイオマスを活用して産業創出とエネルギーの地域循環の強化を目指す「バイオマス産業都市」に国から認定されており、農業・環境・エネルギーに関する取り組みを一体的に進めています。

音更町

所在地
〒080-0198 北海道河東郡音更町元町2番地
電話番号
0155-42-2111

町村の中では全道一の人口約4万5千人を有する活気に満ちたまちです。国内有数の生産高を誇る小麦・大豆・小豆・人参・てん菜・馬鈴しょなど、数々の農産物を産み出す豊かな大地と、北海道遺産にも選定された「モール(植物性)温泉」が湧き出す十勝川温泉があります。

また、国道241号線沿いには大型ショッピングゾーンが形成され、町内外から多くの買物客が訪れています。さらに、道東自動車道音更帯広インターチェンジ周辺に工業団地を造成し、企業誘致を進めるなど、豊かな自然環境と都市の魅力を活かした「住みよいまち」、「住み続けたいまち」を目指し、協働のまちづくりに取り組んでいます。

士幌町

所在地
〒080-1200 北海道河東郡士幌町字士幌225番地
電話番号
01564-5-2211

清澄な水と空気、そして肥沃な大地。士幌町は自然の恵みに培われた実り豊かな純農村地帯で、じゃがいも、小麦、豆類、てん菜、スイートコーンなどの農産物が生産されています。また、肉用牛、乳用牛の飼育なども盛んです。士幌町では、今も未来も輝き続ける「しほろ」を目標とした「輝く未来へ しほろ創生」をテーマに町づくりを進めています。

上士幌町

所在地
〒080-1492 北海道河東郡上士幌町字上士幌東3線238番地
電話番号
01564-2-2111

大雪山国立公園内の糠平湖を取り囲む森林と山岳美、北海道遺産のアーチ橋梁群、日本一の広さを誇るナイタイ高原牧場に加え、熱気球の町として全国的に有名なまち。大空を彩るバルーンフェスティバルは、年2回開催されています。

また、移住定住・二地域居住・農林商工連携を推進し、ふるさと納税をはじめとした「都市と農村の交流と対流」のまちづくりのほか、基幹産業である酪農・畜産業の特性を活かし、バイオマス資源によるエネルギーの地産地消にも取り組んでいます。

鹿追町

所在地
〒081-0292 北海道河東郡鹿追町東町1丁目15番地1
電話番号
0156-66-2311

鹿追町の然別湖は道内一の標高を誇る自然湖で、夏は白蛇姫まつり・秋は山々の紅葉・冬はしかりべつ湖コタンで四季を通じて人々が訪れます。

町内には国内最大級のバイオガスプラント2基を有し、環境に配慮した地域循環型農業を推し進め、そこから発生する余剰熱を活用した先進事業(マンゴーの試験栽培・チョウザメの養殖・ハウスでの野菜栽培)にも取り組んでいます。また、バイオマス由来の水素を活用した、水素エネルギーの利活用実証事業への協力も行っています。

ほかに、「花と芝生のまちづくり」として、地域住民だけでなく、観光客へも花と緑による潤いを届けています。
 教育では幼小中高一貫教育として「地球コミュニケーション」(英語)、「新地球学」(環境)に取り組み、国際理解教育の一環として、鹿追高校1年生全員を毎年、姉妹都市カナダ・ストニィプレイン町へ派遣しています。

また、「とかち鹿追ジオパーク」が2013年、管内初の日本ジオパークに認定されました。

新得町

所在地
〒081-8501 北海道上川郡新得町3条南4丁目26番地
電話番号
0156-64-5111

総面積1,064平方メートルのうち約90%が森林地帯で、その大部分が大雪山国立公園に指定されている自然豊かな町です。豊かな森林から流れ出る清流を利用した7つの水力発電所があり、総発電電力135,270kWを札幌、釧路方面にも送電している電源の町でもあります。

また、町内には鉄道交通の要所であるJR新得駅があり、札幌へ結ぶ石勝線や旭川方面から帯広、釧路をつなぐ根室線を走行する全列車が停車し、交通の便がとても良い町です。

清水町

所在地
〒089-0192 北海道上川郡清水町南4条2丁目2番地
電話番号
0156-62-2111

十勝平野の西部、日勝峠の麓に位置する道東の玄関口・清水町は、日高山脈に抱かれた豊かな大地と清らかな水の恵みを受け、小麦・豆類・てん菜や生乳などの生産が盛んな町です。それらを加工する工場も多く、戦前から続く農産加工の町でもあります。

また、地元産の牛肉・鶏卵を使った新・ご当地グルメ「十勝清水牛玉ステーキ丼」(新・ご当地グルメグランプリ北海道2015において3年連続優勝し殿堂入り!)や、温かい白飯にフレーク状の牛肉「牛とろフレーク」をかけた牛とろ丼は、満腹博覧会(まんパク)2019で総合1位に輝き見事3連覇を達成し、殿堂入りをはたしました!。さらに「牛(9)」「とろ(16)」の語呂合わせから9月16日は「牛とろの日」として日本記念日協会に認定されました。町民の文化・スポーツ活動も盛んで、アイスホッケーの町として知られるほか、町民合唱団による「第九」の合唱も30年に渡って続けられています。

2012年には「開町110年」を迎え、第5期清水町総合計画のまちの将来像である「みんなで活き生き 豊かさ育むまち とかちしみず」の実現に向け、さらなる協働のまちづくりを進めています。

芽室町

所在地
〒082-8651 北海道河西郡芽室町東2条2丁目14番地
電話番号
0155-62-2611

「日本の食料基地」と言われる十勝平野の中央に位置する芽室町は、肥沃な大地と気候条件に恵まれた農業を基幹産業とし、農畜産・林業関連企業を中心とした多くの企業が立地する東工業団地を有しています。また、町内には高速道のインターチェンジ(2箇所)や特急が停車するJRの駅もあり、交通アクセスに恵まれています。

芽室町では、“町民と行政の協働によるまちづくり”を掲げ、氷灯夜やめむろまちなかマルシェに代表される各種イベントや、町内産の農産物を活用した新しいグルメの創造など、町民の主体的な地域活動を原動力とした取り組みが盛んに行われています。かねてから、発達支援システムの構築などに力を入れてきましたが、近年では“誰もが当たり前に働いて生きていけるまち”を目指し、農福連携を活用した障がい者就労支援の取り組みを進めています。

2019年に『開町120周年』を迎え、同年から開始する第5期芽室町総合計画の将来像である「みんなで創り みんなでつなぐ ずっと輝くまち めむろ」の実現に向けたまちづくりを推進していきます。

中札内村

所在地
〒089-1392 北海道河西郡中札内村大通南2丁目3番地
電話番号
0155-67-2311

日高山脈中央部を源とする清流・札内川流域に広がる村です。その清流を集め豪快に流れ落ちる「ピョウタンの滝」がある札内川園地は、滝周辺の豊富なマイナスイオンを浴びながら自然豊かな園内を散策することができる癒しの空間です。毎年多くの観光客が訪れ、夏はキャンプ場としても賑わいをみせています。

柏林に囲まれる「中札内美術村」には相原求一朗美術館や小泉淳作美術館などがあり、一日中芸術に親しむことができます。また、「道の駅なかさつない」は観光インフォメーション、情報コーナーのほか、レストランや物産販売所において新鮮な地元食材の提供を行っており、観光客の憩いの場となっています。

市街地から車で5分程のところには「六花の森」があり、ハマナシやエゾリンドウなどの草花が季節ごとに花開き、清らかな小川が流れる豊かな自然環境の中、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

更別村

所在地
〒089-1595 北海道河西郡更別村字更別南1線93番地
電話番号
0155-52-2111

「北海道の背骨」と呼ばれる日高山脈が一望でき、緑の大地と十勝晴れの澄んだ青空がよく似合う十勝平野の真ん中にある更別村は、とかち帯広空港から車で約15分、東京へのフライトは1時間40分と、日帰りも可能な「首都圏域と隣接した田園」のイメージにピッタリの村です。

農家1戸当たりの耕作面積は約50ha、トラクター所有台数は平均5~6台と国内最大規模の大型農業の村です。また、54ホールの公認パークゴルフ場「プラムカントリー」、オートキャンプ場「さらべつカントリーパーク」、市街中心部にある大型遊具、熱中小学校のある地域創造複合施設などの施設や、全国からカメラマンが訪れるほど幻想的な「霧氷」の美しいポイントがあります。

大樹町

所在地
〒089-2195 北海道広尾郡大樹町東本通33番地
電話番号
01558-6-2111

清流日本一に過去14回選ばれ、砂金掘りが楽しめることから宝の川と称される「歴舟川」が町内を流れています。町の東側太平洋沿岸には“海の見えるヨードの温泉「晩成温泉」”があり、その周辺では夏は原生花園が広がり、冬はワカサギ釣りが楽しめます。カムイコタン公園周辺にはオートキャンプ場が整備されており、坂下仙境をはじめ景勝地が広がっています。

また、臨海部に整備されている「大樹町多目的航空公園」では航空宇宙関連実験が数多く行われており、航空宇宙関連の展示施設「大樹町宇宙交流センター SORA」には、多くの人が訪れます。

 

広尾町

所在地
〒089-2692 北海道広尾郡広尾町西4条7丁目1番地
電話番号
01558-2-2111

太平洋や日高山脈連邦など、豊かな自然環境に囲まれた十勝最南端のまち広尾町は、ノルウェー・オスロ市から「サンタランド」のまちとして認定されており、「愛と平和、感謝と奉仕」を基本理念にサンタメール事業などクリスマスにまつわる様々な活動を行っています。10月のツリー点灯式以降は、シンボルゾーンの「大丸山森林公園」を始め、街のいたるところでイルミネーションが点灯され、クリスマスムードが最高潮となります。

また、豊富な漁業資源や畜産物を活かした「食」の宝庫としても知られ、シシャモ、秋鮭、毛がに、イクラ、ツブ、ホッキガイ、ホッケなどの魚介類、チーズや和牛肉などの畜産品などが味わえる「おいしい町づくり」を住民が主体となって進めています。

さらに、「農業王国十勝」の海の玄関口である重要港湾「十勝港」は、「農業を支える港・アグリポート」として、これからも重要な役割を担っていきます。

 

幕別町

所在地
〒089-0692 北海道中川郡幕別町本町130番地1
電話番号
0155-54-2111

幕別町忠類総合支所

所在地
〒089-1707 北海道中川郡幕別町忠類錦町439番地1
電話番号
01558-8-2111

幕別町は、「パークゴルフ」発祥の地、「ナウマン象」の化石骨が発掘された地として知られており、市街地を一歩出ると、広大な農地と牛が草を食む風景、「北海道の背骨」と言われる日高山脈などの美しい景色を楽しむことができます。おいしい食べ物、おいしい水、おいしい空気の幕別町へぜひ足をお運びください。

池田町

所在地
〒083-8650 北海道中川郡池田町西1条7丁目11番地
電話番号
015-572-3111

池田町はワインを中心とした町づくりを行っており、ブドウ栽培からこだわる「十勝ワイン」は、国内初の自治体ワインとして誕生しました。小高い丘に建つワイン城では、優しく、分かりやすく、ワインの知識を提供するため「五感に訴える観光」をテーマに、ガイドツアーや試飲セミナーなどを行っており、十勝ワインを「体感」することができます。

また、毎年10月第一日曜日に開催される「池田町秋のワイン祭り」は、北海道を代表する食イベントの一つとして知られています。会場では赤・白・ロゼの十勝ワインが飲み放題、道産牛の炭火焼きが食べ放題のほか、池田町産牛の丸焼きが6基(3頭分)提供されます。
              

 

豊頃町

所在地
〒089-5392 北海道豊頃町茂岩本町125番地
電話番号
015-574-2211

十勝川の最下流に位置する十勝発祥のまちです。町のシンボルとなっている樹齢150年の「はるにれ」は2本の木が一体化した美しい姿が人気で多くの観光客が訪れます。

また、秋には「産業まつり」が開催され、海と大地の実りを大いに堪能できます。

 

本別町
 

所在地
〒089-3392 北海道中川郡本別町北2丁目4番地1
電話番号
0156-22-2141


アイヌ語の『ポン・ペツ(小さい川)』を語源とし、本別市街地で利別川と合流する本別川から名付けられました。道の駅「ステラ★ほんべつ」では、本別町のゆるキャラ「元気くん」が入り口で多くの観光客を出迎え、町内特産品の販売や、観光情報を発信してい ます。また、道東自動車道のインターチェンジや、釧路方面と北見方面への分岐点もあり、道東圏と道央圏を結ぶ交通の要衝となっています。

 

 

足寄町

所在地
〒089-3797 北海道足寄郡足寄町北1条4丁目48番地1
電話番号
0156-25-2141

足寄町は十勝の東北部に位置し、1,408.04キロ平方メートルの広い面積を有しています。この広大な大地では、東京ドーム約270個分の面積を持つ大規模草地育成牧場や独特の湖面の色彩が訪れた人を魅了するオンネトー、高さ2~3mにもなる螺湾ブキなど、豊かな自然が育まれています。

また、平成30年には開町110年という節目を迎えました。先人から継承した緑豊かな大地という貴重な財産を後世に継承しながら、町民全てが心穏やかな毎日を過ごせるよう、人と自然にやさしい地域社会を考えて様々な事業が推進され、活力ある町の基盤が整えられています。子どもも大人も、そしてお年寄りも、全ての人々が「この町に住んでいてよかった」「この町に生まれてよかった」と思える、ふれあいのあるまちづくりが進められています。

 

陸別町

所在地
〒089-4311 北海道足寄郡陸別町字陸別東1条3丁目1番地
電話番号
0156-27-2141

陸別町は豊かな自然に恵まれた林業と酪農の街です。また、「寒さ」「星」をテーマとしたまちづくりに力を入れています。日本最大級の公開型望遠鏡を備えた「銀河の森天文台」では、星やオーロラなどに関した特色あるイベントが年間通して開催されており、多くの天文ファンの注目を集めています。

また、道の駅「オーロラタウン93りくべつ」に併設されている「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」は、運転体験や、乗車体験などで、鉄道ファンだけでなく家族で楽しめる施設として注目を集めています。

 

浦幌町

所在地
〒089-5692 北海道十勝郡浦幌町字桜町15番地6
電話番号
015-576-2111

十勝管内の最東端に位置し、町土の約74.2%を森林が占める雄大な自然と、海産資源豊富な太平洋に面した町です。平成23年3月に「うらほろ留真温泉」がリニューアルオープンしました。浦幌市街より車で約20分の静かな山渓に位置し、全国でも希少なPH10.0の高いアルカリ泉質は、肌がツルツルになる美肌の湯として人気が高く、また四季折々の景色と自然を体感できる癒しの湯を求め、都市圏からも注目を集めています。

カテゴリー

page top