道民健康づくりの日

健康づくりtwitter.jpg

10月3日は「道民健康づくりの日」

10月3日~9日は「道民健康づくり推進週間」

道民健康づくりの日とは?

北海道では、道民一人ひとりが「自らの健康は自らの手で」という自覚と認識を高めるとともに、

道民、みんなが家族ぐるみ、地域ぐるみで健康づくりに取り組む必要があることから、

10月3日を「道民健康づくりの日」、3日から9日までの1週間を「道民健康づくり推進週間」と定め、

健康づくりを道民運動として展開しています。

 

普段の生活を振り返り、健康づくりの実践や健康づくり活動への参加など、

できることから取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

 

健康づくりのポイント~withコロナ時代~

新型コロナウイルス感染症への対策として、普段の健康管理が大切とされています。
また、コロナ禍の運動不足は、体力・筋肉量の低下、生活習慣病の悪化などの
 「健康二次被害」を招くおそれがあります。

感染症対策としての健康管理や健康二次被害を防ぐための
栄養と身体活動(運動)についてのポイントをご紹介します。

栄養をとりましょう!withコロナ時代

♦主食・主菜・副菜を基本に、多様な食品を組み合わせたバランスの良い食事で、
 健康状態を良好に保ちましょう。 

 ~ ポイント ~
 □毎回の食事で主食(ごはん、ぱん、麺)、主菜(肉、魚、卵、大豆料理)、
  副菜(野菜、きのこ、いも、海藻料理)を食べましょう。
 □毎日1~2回、牛乳・乳製品、果物を食べましょう。

 → どさんこ食事バランスガイドを参考にしてみましょう。

♦外出が制限される中で、簡便に利用できる加工食品や中食などの利用が続くと、
 食塩や脂肪の摂り過ぎにつながります。

 ~ ポイント ~
 □栄養成分表示を活用し、自分に合った食品を選びましょう。 
  → 「栄養成分表示を活用してみよう」(消費者庁HP)
 □バランスの整った配食弁当であれば、主食・主菜・副菜を手軽に組み合わせることができるので、
  配食サービスを上手に活用しましょう。

身体を動かしましょう!withコロナ時代

♦座りすぎは心臓病、がん、糖尿病のリスクを高めます。
 座りっぱなしの時間を減らし、身体活動を行いましょう。

 ~ ポイント ~
 □日常生活でこまめに立ち上がる、家事を積極的にする、
  階段を上り下りするなど動くことを意識しましょう。
 □ヨガや筋トレなどの動画を見ながら体を動かしましょう。
 □ウォーキング、ジョギング等、スポーツクラブ等で体を動かしましょう。
 □30分に1回立ち上がり動くと、座り過ぎによる健康リスクを軽減すると言われています。

♦世界保健機関(WHO)では、成人(18~64歳)は週に150分以上の中強度の身体活動
 (ウォーキング等、軽く息が弾み程度のもの)を行うこと
を推奨しています。

♦適度に体を動かすことは自己免疫力を高め、ウイルス性感染症の予防に役立つと言われています。

 →「新型コロナウイルス感染対策 スポーツ・運動の留意点と、運動事例について」
       (スポーツ庁HP)

 →スポーツを通じた高齢者向け健康二次被害予防ガイドライン(リーフレット)
   (スポーツ庁)

 

野菜摂取量増加に向けた栄養教育ツール(幼児向け)

 十勝圏域健康づくり事業行動計画(平成30年版)によると、
十勝は成人の肥満割合が高く、食生活では、野菜の摂取量が少ない状況にあります。

 そこで、天使大学看護栄養学部栄養学科の学生に協力いただき、
学生実習の取り組みとして、野菜摂取量増加に向けた幼児期向けの
栄養教育ツールを作成しました。

 動きのあるツール(PowerPoint版のみ)となっていますので、
是非、子どもたちと一緒にご覧ください。

PowerPoint版はこちら 
幼児向け栄養教育ツール (PPTX 1.82MB)

PDF版はこちら
幼児向け栄養教育ツール (PDF 1.7MB)

シナリオ(ノート)付きPDF版はこちら
幼児向け栄養教育ツール(ノート) (PDF 957KB)

とまとキャラクター.pngにんじんキャラクター.png

カテゴリー

お問い合わせ

十勝総合振興局保健環境部保健行政室企画総務課企画係(健康増進)

〒080-8588帯広市東3条南3丁目1番地

電話:
0155-27-8638
Fax:
0155-25-0864

page top