十勝合同庁舎1階ロビーでの地域材利用PRについて

ロビー全体

ロビー内装

ロビー展示

 十勝総合振興局1階ロビーでは、新型コロナウィルス感染症対策や十勝管内の観光・特産物・イベントなどの情報発信や振興局が所管する事業に関する啓発を行っております。

 林務課では、地域材利用のPRスペースを設置しました。

 壁を十勝産カラマツの羽目板で木質化し、十勝産カラマツ集成材テーブル・椅子や飛沫防止パーティションを設置することにより、来庁者の休憩スペースとしています。

 また、窓側には木材利用に関する展示コーナーを設置しております。

HOKKAIDO WOOD展示コーナー

HOKKAIDO WOOD

HOKKAIDO WOODロゴ

 「HOKKAIDO WOOD」とは、 北海道生まれの木材製品のブランド名称です。

 豊かで広大な北海道の森林から生まれた木材製品の魅力をたくさんの人に知ってもらいたい。そんな思いから、ロゴマークとキャッチフレーズ「木の質は、森の質。」が作られました。

 北海道の森林から産出された原料を、その一部又は全部に用いて道内で加工された製品の愛称であり、国内や海外に向けてPRを行っています。

 このコーナーでは、HOKKAIDOWOODに関する情報や関連商品などを展示しております。

木質バイオマス展示コーナー

ペレットストーブ

バイオマスとは、「再生可能な、生物由来の有機性資源(化石燃料は除く)」であり、北海道では、樹木の枝や葉、幹などの全部又は一部を「木質バイオマス」としています。
森林から産出された木材は、産業用資材、土木資材、住宅建築資材、家具建具、クラフト製品等に利用されていますが、利用に適さない枝葉や細い木などは森林に放置されています。これら「林地未利用材」を集荷し、利用する取組を行っており、家畜敷料用のオガ粉、発電用や熱利用のチップ、ペレットなどに使われています。

このコーナーでは、木質バイオマスに関する情報や、ペレットストーブの燃焼展示を行っております。

バイオマスとは、「再生可能な、生物由来の有機性資源(化石燃料は除く)」であり、北海道では、樹木の枝や葉、幹などの全部又は一部を「木質バイオマス」としています。

 森林から産出された木材は、産業用資材、土木資材、住宅建築資材、家具建具、クラフト製品等に利用されていますが、利用に適さない枝葉や細い木などは森林に放置されています。これら「林地未利用材」を集荷し、利用する取組を行っており、家畜敷料用のオガ粉、発電用や熱利用のチップ、ペレットなどに使われています。

 このコーナーでは、木質バイオマスに関する情報や、ペレットストーブの燃焼展示を行っております。

北海道の地材地消・木質バイオマスについての詳細は道庁林業木材課で公開しています。

カテゴリー

林務課のカテゴリ

page top