日高山脈襟裳国定公園の国立公園化に向けた魅力発信パネルディスカッション

日高山脈襟裳国定公園の国立公園化に向けた魅力発信パネルディスカッションを3月13日(日)に開催しました。

 日高山脈は、日本列島の形成過程が残る雄大な山脈に加えて、氷河時代に形成された地形など、傑出した地形、地質が集中して分布し、植物や昆虫類などに固有種が多数見られます。また、日本最大規模の森林は、哺乳類や鳥類などの野生生物の重要な生息環境となっていて、環境省は国立公園昇格の方針を示しています。
 国立公園化に向けて、自然公園を活用した地域資源の適正利用の気運醸成を図るため、十勝・日高管内の自治体や関係機関とともに、自然の魅力発信と観光資源に関するパネルディスカッションを開催し、YouTube上で録画配信します。

★3月15日(火)14時から、当日の模様を撮影した動画をYouTubeにてupします。是非、ご覧ください!!!★
              (視聴はこちらから)
             ⇩    ⇩    ⇩

参加者

◎ コーディネーター
  北海道大学大学院 農学研究院 准教授 愛甲 哲也 氏
○ パネリスト
  中札内村日高山脈国立公園化PR事業実行委員会 委員 須賀 裕一 氏
  札内川園地指定管理者 (株)AOILO 代表取締役 梶山 智大 氏
  アポイ岳ファンクラブ 会長 田中 正人 氏
  環境省帯広自然保護官事務所 自然保護官 山北 育実 氏

内容

☆日高山脈襟裳国定公園の国立公園化に向けた魅力発信と観光資源などについて
 ・地元として国立公園化に期待するもの、こうなって欲しいという夢、地域への波及効果など
 ・日高山脈及びその山麓地域の魅力、アウトドアレクリエーションの特徴、今後取り組んでいきたいこと、など
 ・アポイ岳ファンクラブの活動、日高山脈の植物保護や活動の課題、国立公園化による影響と期待することなど

「日高山脈襟裳国定公園の国立公園化に向けた魅力発信パネルディスカッション」YouTubeチャンネル運用ポリシー

カテゴリー

環境生活課のカテゴリ

page top