スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 東部耕地出張所 >  畑地かんがい


最終更新日:2013年9月09日(月)


畑地かんがい


■畑地かんがい

 幕別町の相川・千住地域は、帯広市に隣接しているという地勢を生かして、レタス等の野菜の栽培が盛んです。しかし、気象・土壌・地形の条件により干ばつ等の被害を受けやすい地域です。そこで、国営事業により整備した幕別ダムから水を引き、必要な時に必要な量の水をほ場に供給することにより、干ばつによる被害の解消を図っています。
 道営事業においては、国営用水路から引き継いだ水を散水施設によりほ場内に散水しています。
 レタス・玉ねぎ・白菜・キャベツは移動式散水機(ブーム式)により、ハウス内のニラの栽培やレタス・白菜の育苗はハウス内散水施設(モノレール方式)により散水しています。

※図面の中の各タイプをクリックすると詳しい説明を見ることができます