スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 東部耕地出張所 >  地域の要望に応じた整備のために


最終更新日:2017年11月13日(月)


地域の要望に応じた整備のために


■地域の要望に応える整備のために

弾力的な整備手法について
 これまでも私たちは農業農村整備事業を実施するに当たって、農家のみなさんから受けた要望についてできる限りの対応をしてきました。しかし、農業・農村を取り巻く環境の変化とともに農家の営農形態は変化し、農業農村整備に対する地域のニーズは多様化してきています。私たちは、多様な地域のニーズに柔軟に対応するため創意工夫し、弾力的に整備を進めていきます。

農地カルテについて
 弾力的な整備手法を推進するために、農地の地形や土質状況、農家の営農計画(作付け作物)を現地踏査や農家への聞き取りによって取りまとめ、記録したものを農地カルテといいます。この農地カルテによってより細やかな対応が可能となります
→農地カルテの利用説明


関連項目




農地カルテ記入例 (クリックすると拡大した画像を見ることができます)

このページの情報はお役に立ちましたか?