スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 整備課 >  お知らせ15-農業土木工事におけるBDFの積極的使用について(整備課)


最終更新日:2018年9月25日(火)

 

◎ 農業土木工事におけるBDFの積極的使用について 

 

(平成27年12月22日掲載)

 取り組みの概要

 

 北海道洞爺湖サミットの開催を契機に、十勝総合振興局管内では、住民・企業・団体・行政等が一体となり「みんなで環境を考え」「みんなで環境保全などの取り組みを進める」“もっとエコなとかちづくり”を進めています。

このため、産業振興部で発注する農業土木工事(調整・整備課)や森林土木工事(林務課)及び水産土木工事(水産課)において、工事現場内で使用する建設機械でBDF(バイオディーゼル燃料)を積極的に使用する取り組みを進めています。

 

  BDF【バイオディーゼル燃料】とは”Bio Diesel Fuel”の略称であり、菜種や大豆などの植物油や食用廃油等の油脂を化学処理をして軽油に近い物性に変換させることで、軽油の代替としてディーゼル燃料として使用されています。

 

 実施方法について  ふわりん画像 

 

 工事発注後、受注者から工事監督員へ申し出ていただき、その旨施工協議簿等に記録します。BDFの使用可能機械は、工事現場内で使用する建設機械を対象としています。使用量については任意とし、使用した場合は「CO2削減報告書」等により使用状況について提出があった場合、施行成績評定において加点の対象としています。

詳細は産業振興部整備課又は各耕地出張所へお問い合わせください。

 

 

「CO2削減報告書」等様式                  

 

 

是非、積極的な取り組みを!!