スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 林務課 >  森林保全係のしごと


最終更新日:2015年9月16日(水)

森林保全係のしごと

林保全係の業務内容は大きく分けると2種類あります。ひとつは保安林の管理に関すること、もうひとつは保安林以外の森林での開発行為の許可に関することです。

森林保全係

 「保安林」という言葉はあまり馴染みがないかもしれませんが、以外と身近にあるものです。十勝管内では、農作物を風害から守る「防風保安林」をよく見かけます。 

 そのほかにも、洪水を防いだり、水を育んだり、土砂崩れを防いだり・・・。保安林は私たちの暮らしを支えるために色々な目的を持ち、大切な働きを担っています。
 その保安林について、次のことをしています。

・もともと森林自体に、水を育んだりする機能がありますが、その中でも特に重要な役割をしている森林を保安林に「指定」すること。
・保安林としての目的を果たさなくなったものや、保安林部分をそれ以外の用途に使用する(道路敷地等にしてしまう)ために、保安林の指定を「解除」すること。
保安林において木を切るなどの行為について、「許可」をすること。

 保安林以外の森林で「1ha」を超えて開発行為を行う場合(例えば・・・砂利を採取したり、農地を造成したり、ゴルフ場を造成したりする場合)には許可が必要になります。

 以上、大ざっぱに業務を紹介しましたが、保安林のことや開発行為の許可についてお聞きになりたいことがありましたら、お気軽におたずねください。

防風保安林
農耕地を保全する防風保安林
 

お問い合わせ
十勝総合振興局産業振興部林務課
森林保全係 TEL:0155-26-9056

 
戻る
「林務課のしごと」