スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 林務課 >  治山工事とは?


最終更新日:2015年9月16日(水)

治山工事とは?

 治山工事は土木的工作物を用いますが、これはあくまでも地盤を安定させ、森の造成と保全をはかるための、補助的手段です。荒廃地という特殊な環境であるため、危険地に早急に対応するために土木的工事が行われるのです。

 ○山腹工
法切工 不安定な斜面をきりならし、植物が安定して生育できる斜面を造成する
土留工 土砂をおさえて斜面を固定する
水路工
暗渠工
表面水・地下水を浸食防止のため排水する
緑化工 斜面を緑化する

 ○渓流工
治山ダム 渓流勾配を緩和したり、渓床を安定させることによって浸食を防止する
護岸工 渓岸の崩壊や浸食を防止する

 ○地すべり防止工
杭打工 杭を打ち込むことで土塊の移動を直接防止する
排土工 土塊を除去して地滑りの動きを軽減する
排水工 地下水を排水することで、発生原因を取り除く
 

治山工事前

治山工事後

治山工事前

工事後

  

お問い合わせ
十勝総合振興局産業振興部林務課
治山係       TEL:0155-27-8605
主査(治山事業) TEL:0155-26-9055