スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 十勝農業改良普及センター >  「地域の話題」JICA研修生8名来所


最終更新日:2017年6月16日(金)


JICA「持続的農業生産と環境保全のための土壌診断技術コース」研修生8名来所

(十勝農業改良普及センター広域)


 5月26日、普及センター本所に、JICA研修「持続的農業生産と環境保全のための土壌診断技術コース」研修生8名が来所し「農業改良普及センターの役割と取組」を受講しました。出身国はカンボジア、マラウイ、ザンビア、パレスチナ、サモアと様々です。
  三宅所長の歓迎の挨拶のあと、小泉主普より普及センターの概要と十勝管内の施肥に関する普及活動を説明しました。
 午後から中札内村の内田農場を視察し、小澤調査員からICT技術を活用した可変施肥の取り組みの説明や小麦の葉色を測定しました。
  作物診断による施肥法には興味を持って説明を聞いていました。

 
開会挨拶 所長より

 診断機器の説明

写真1 開会挨拶 所長より

 写真2 診断機器の説明

 内田氏から経営概要の説明

 最後に記念撮影

写真3  内田氏から経営概要の説明 

写真4  最後に記念撮影 

 

十勝農業改良普及センターのトップページへもどる

 地域の話題一覧へもどる