スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 十勝農業改良普及センター >  「地域の話題」音更町友進地区で営農懇談会開催


最終更新日:2017年9月14日(木)


音更町友進地区で営農懇談会開催

(十勝農業改良普及センター十勝北部支所)


 平成29年9月7日(木)、重点的に取り組む地域課題の対象地区である音更町「友進地区」で営農懇談会を開催しました。
 当日は友進会館で農業者6名が参加し、「秋まき小麦の越冬前の管理」をテーマに普及センターが説明しました。
 多収年となった「きたほなみ」の栽培と要因について振り返り、実際にひとりひとり小麦の穂を脱粒しながら、品種の特性と適正は種の重要性について理解を深めました。
 参加した農業者からは「きたほなみの姿がわかってきた」、「天気が悪くても取れるような小麦づくりを続けていきたい」といった意見が出されました。
 今後の秋まき小麦の安定生産に向けた普及センターからの提案で、農業者の生産意欲が高まり、大変有意義な懇談会となりました。

 

 多収となった要因を真剣に聞く様子

実際に穂を脱粒し、粒数を数えている 

写真1 多収となった要因を真剣に聞く様子 

 写真2 実際に穂を脱粒し、粒数を数えている

 

十勝農業改良普及センターのトップページへもどる

 地域の話題一覧へもどる