スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 十勝農業改良普及センター >  十勝農業改良普及センター北部支所地域第一係の普及計画


最終更新日:2018年5月23日(水)


十勝農業改良普及センター北部支所地域第一係の普及計画


十勝農業改良普及センター十勝北部支所 重点的に取り組む地域課題

地域第一係
(推進計画)

 課題名

 友進スタンダード農業の確立

対象地域

 音更町友進地域(8戸)

 主な活動目標

・作物栽培技術を十分に発揮できるほ場状態(ほ場pH)を維持する。
・秋まき小麦の品種特性に応じた栽培法の定着により収量性の向上を図る。
・省力作物(直播てんさい)の安定栽培法を定着させ、収益性の安定化を図る。   
・持続可能な畑作物の効率的な安定生産技術の定着を図る。

 活動年次

 平成28年
(実績)
○持続的生産に向けてのほ場管理技術改善
・29年産秋まき小麦土壌改良[目標pH5.8]実施農家 目標8戸→実績3戸                  
・てんさい、にんじん土壌改良[目標pH6.0]実施農家 目標8戸→実績8戸
 平成29年
(実績)
○秋まき小麦の品種特性を活かした栽培法の定着
・起生期の茎数調査実施農家数 目標4戸→実績8戸
・は種時のは種量およびは種深度確認農家数 目標4戸→実績8戸                          
○直播てんさいの安定栽培法の定着
・は種時の裁植密度およびは種深度確認農家数 目標2戸→実績3戸
 平成30年
(計画)
○秋まき小麦の品種特性を活かした栽培法の定着
・止葉の草姿確認による施肥改善農家数 現況5戸→目標8戸
○直播てんさいの安定栽培法の定着
・は種時の砕土性とは種作業(は種深、株間、は種速度)改善農家数 現況2戸→目標3戸
 平成31年
(計画)

○畑作物の効率的安定生産技術の向上

 平成32年
(計画)
○畑作物の効率的安定生産技術の向上

トップページへもどる 

 普及活動計画へもどる