スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 調整課 >  地域支援の取組(更新)


最終更新日:2019年4月16日(火)

地域支援の取組

当課では、地域支援の取組みとして、将来構想や課題などの話し合いが円滑に進み課題解決に向けた取組が積極的に展開されるよう、関係機関とも連携しながら、情報提供やアドバイスなどを行っています。 

鹿追地域農業生産基盤整備方向検討会

 道営事業で暗渠排水などの整備を行っている鹿追地域において、基盤整備後と営農の組み合わせによる排水改善対策を推進する取組を行っています。GIS(地理情報システム)で各ほ場の整備履歴や整備水準などの情報を提供し、効果的・効率的に対策が進むよう支援を行っています。

検討会画像

整備構想イメージ画像
排水対策の提案画像

〈参考資料〉

鹿追地域農業生産基盤整備方向検討会のみちゆき(PDF:292KB)

平成25年1月15日~21日開催 鹿追町営農技術懇談会資料「農地の排水対策について」(PDF:1716KB)

平成25年4月16日開催 鹿追地域農業生産基盤整備方向検討会 調査報告会の概要(PDF:636KB)

音更地域農業排水対策検討会

 音更地域の農業排水対策について関係団体で情報交換を行うため、平成25年5月2日(金)に音更町役場にて検討会を開催しました。
  検討会の冒頭、寺山町長より近年の異常気象に備えて排水性の確保が益々重要になっているとのお話を頂きました。振興局から検討会の趣旨を説明した後、現在振興局が整備をすすめる地図情報(農地施設保全整備情報)に搭載される航空写真や降水・土壌分布等のデータから、地域の農地や排水路の現状と課題について報告を行いました。
  つづいて参加団体(音更町農協、木野農協、音更町、振興局)で意見交換を行い、排水路について深さ不足から新たな排水路を配置することが出来ないという意見や、財源不足から水路の補修対応が十分にできないといった意見を頂きました。
  また、音更町では現在、道営事業や団体営事業で多くのほ場で暗渠排水の整備が行われており、降雨後に速やかに農地から排出された水によって、排水路が溢れるのではないかという意見も頂きました。
  検討会では今後も、暗渠排水や排水路など中長期的な課題から短期的な課題まで広く話題に取り組むことを確認し、次回は排水路の無い地域を例として具体的に作成した排水整備プランをもとに、さらに議論を深めることにしました。

〈音更地域の農業用用排水路位置図(図左)、音更地域における8月の降水分布平年値(図右)〉

(画像)音更地域農業用用排水路
8月の降水分布平年値画像

 〈検討会の様子〉

    画像

   

その他の地域支援の取組

平成25年10月22日~23日開催 排水対策現地研修会資料(PDF:108KB)

平成26年1月17日開催 JAあしょろ青年部一夜研修会での話題提供

 資料1(PDF:1,932KB)資料2(PDF:2,216KB)資料3(PDF:1,852KB)資料4(PDF:2,236KB)

 話題提供の概要(PDF:144KB)

このページに関するお問い合わせ
〒080-8588 北海道帯広市東3条南3丁目 十勝合同庁舎3階
電話番号:(0155)27-8616(調整課代表)
FAX番号:(0155)23-5528
メールアドレス:tokachi.chosei2@pref.hokkaido.lg.jp
※メール送信の際は、上記アドレスの「@」を半角としてください。