スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 調整課 >  201直轄明渠排水事業(国営)


最終更新日:2013年2月01日(金)


201直轄明渠排水事業(国営)


■産業振興部調整課
      Coordination Division        
      Industrial Promotion Department    

調整課


  ◎ 十勝農業の飛躍的発展に寄与した生産基盤整備


◆ 直轄明渠排水事業(国営)

 国営の直轄明渠排水事業は、全国で北海道のみに適用されている排水事業で、畑地帯の湛水防止の他、地下水位の低下を図って地温の上昇、冷害の防止、最適水分の保持、融雪並びに凍土融解の促進による農耕期間の拡大等を目的としています。

 北海道の大部分は排水性の悪い特殊な土壌で占められており、原始河川のはんらん原に広がる広大な原野で農耕を行うには、第一に排水路の整備が必要であることから、明治26年(1893年)以来の各拓殖計画には全額国費支弁の直轄工事として位置づけられ、昭和26年(1951年)以降は一般の国費事業として行われています。

 十勝管内は、湿性土壌が広く分布し、積雪が少ないため土壌凍結が深く、排水改良無くしては正当な生産力の発揮のみならず農耕すらままならない農地が大半であることから、直轄明渠排水事業は、別途実施される暗渠排水の整備とともに非常に重要な事業と位置づけられており、当事業によって新設・改良された排水路の延長は延べ1,300km以上にも達し、その受益延べ面積は十勝の耕地面積の過半を占めています。

 

   次のページ ◆ 農道整備事業

   前のページ

 

     <<< 年表 >>>  

 

   「十勝農業の歴史と農業農村整備」トップへ 



産業振興部調整課(tokachi.chosei2@pref.hokkaido.lg.jp)
  ※迷惑メール防止のため@を全角にしていますので、半角にして使用して下さい。  
 〒080-8588 帯広市東3条南3丁目 十勝合同庁舎3階
 電話番号:0155-27-8616 ファックス番号:0155-23-5528