スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 調整課 >  106戦後の試練


最終更新日:2013年2月01日(金)


106戦後の試練


■産業振興部調整課
      Coordination Division        
      Industrial Promotion Department    

調整課


  ◎ 十勝農業の歴史と農業農村整備


◆ 戦後の試練

 戦後の畑作は、食料増産の柱のもとに推進され、再び投機的農業の対象となった小豆が「赤いダイヤ」と称されて脚光を浴びるなどしましたがコラム ~十勝の豆作~ 参照、他方では冷災害との戦いでした。

 昭和28年(1953年)には冷害と風水害、29年の台風15号による水害と冷害、30年の水害、31年の冷害と連続して災害に見舞われ、国内経済が、昭和30・31年には「神武景気」と呼ばれるような好況にあった中、北海道農業は壊滅的な打撃を受けました。 特に31年(1956年)の冷害は大正2年(1913年)以来40年ぶりの大凶作で、その被害額は当時の金額で全道396億円にも及びその窮状は惨憺たるものでした。このため、様々な冷害対策が行われました。コラム ~冷湿害と凶作~ 参照

 

   次のページ ◆ 経済の復興と農業の近代化

   前のページ ◆ 土地改良法と農地法の施行

 

     <<< 年表 >>>  

 

   「十勝農業の歴史と農業農村整備」トップへ 



産業振興部調整課(tokachi.chosei2@pref.hokkaido.lg.jp)
  ※迷惑メール防止のため@を全角にしていますので、半角にして使用して下さい。  
 〒080-8588 帯広市東3条南3丁目 十勝合同庁舎3階
 電話番号:0155-27-8616 ファックス番号:0155-23-5528