スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 森林室 > 森林室 >  H27コープ未来(あした)の森づくり植樹祭


最終更新日:2016年2月23日(火)


H27コープ未来(あした)の森づくり植樹祭


コープ未来(あした)の森づくり植樹祭

 新得町字屈足にある町有林で、新得町とコープさっぽろが「北海道カーボン・オフセット活用型森林づくり制度」を活用した協定を結び、森林整備の一環として植樹祭を開催しました。開会式と除幕式に続き、植樹に参加した56名でカラマツの苗木300本を植え、最後に全員で記念写真を撮りました。 ここでは、平成35年まで植林や下草刈りが行われ、約1ヘクタールの森が整備され、Co2の吸収源として地球温暖化防止に貢献します。

                                                                                

 0102

 強風の中、開会式。                       浜田新得町長、石橋コープさっぽろ帯広地区本部長による、看板の除幕。

 0304

植樹をはじめる前に、 森林室職員による植樹指導。             参加者は カラマツの苗木を丁寧に植えまていました。

05   06

                                      300本の植栽が完了し、記念撮影。                   


このページの情報はお役に立ちましたか?