スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 森林室 > 森林室 >  針広混交原生保護林


最終更新日:2016年12月06日(火)


針広混交原生保護林


○針広混交原生保護林
 
 所 在 地:釧路市音別町
 林 小 班:98林班49小班
 面  積:4.16ha
 設定年度:昭和51年12月
                
位置図            
  
1 設定目的
  トドマツ、エゾマツとカツラ、ハルニレなど原生に近い混交林の林分推移を調査、観察し、将来の森林施業、山づくりの指針とするために設定しました。
 
2 森林の概要
  トドマツ、エゾマツの大径木に、ハルニレ、カツラなど樹種の多様性に富む、原始のおもむきを残す天然林です。
  設定時はトドマツ、エゾマツの針葉樹とハルニレ、カツラ、イタヤカエデなど十数種の広葉樹がほぼ半々に混生していました。現在はトドマツを主体とした針葉樹が64%、カツラ、ハルニレ、シナノキなどの広葉樹が36%を占めています。下層は、ミヤコザサが疎生し、シダ類が多くなっています。
 
案内板       林相写真
   
森林のデータ
標  高 290~400m 地 形 型 中腹
土 壌 型 Bd型 地  質 泥岩
斜面方位 北東 傾 斜 度 15°
平均本数 565本/ha 平均蓄積 433m3/ha
平均直径 25cm 平均樹高 14.6m
下層植生 フッキソウ、クルマバソウ、ジュウモンジシダ、オシダ
 
3 入林時の注意事項
  保護林入口看板は設置してありますが、入林の際には道路状況などの確認のため、十勝総合振興局森林室にお問い合わせください。


戻る