スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 森林室 > 森林室 >  庁舎詳細


最終更新日:2015年9月17日(木)

十勝総合振興局森林室庁舎詳細

 

構造用集成材

カラマツ大断面集成材

庁舎は、100m3を超えるカラマツ大断面集成材を使用した木造大型建築となっています。

玄関

正面玄関

天井部に12cm角のウッドキューブをはめ込み空間にアクセントを与えています。

ホール

ホール・階段

アーチ構造のカラマツ集成材が目をひくホール内は、アトリウム状の明るく開放的な空間で、常設展示により、来庁者に情報を提供します。
また、階段はタモ集成材が使用されています。

事務室

事務室

カラマツ大断面集成材が木の暖かみを感じさせる事務室内は、側壁部に木製の収納棚が並び、木製サッシの広々とした窓と相まって、利便性に富む明るく快適な職場環境を作り出しています。

所長室

室長室

カラマツ羽目板とタモ合板の壁、カラマツ材の天井が特徴で、他室とは違う質感を持ち、木材の多様性を感じさせます。

会議室

会議室

セン羽目板と和紙で、明るめに仕上げられた壁にタモフローリングの重厚さが調和して、落ち着きのある空間を作り出しています。

 


戻る