スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 十勝農業改良普及センター >  「地域の話題」楽苦能会 現地視察研修の開催


最終更新日:2016年8月08日(月)



楽苦能会 現地視察研修の開催

(十勝農業改良普及センター十勝南部支所)


 8月1日(月)、幕別町忠類地区の女性グループの楽苦能会(らくのうかい)の視察研修が行われ、16名(会員及び会員農場の従業員)が参加しました。 
 視察は昨年12月に稼働したTMRセンター「農事組合法人 アライアンス」とアライアンス構成員「河口牧場」の2か所。アライアンスではTMRセンターの施設やTMR配送状況、河口牧場ではTMR配送後の農場での作業の変化、河口牧場の飼養管理について研修しました。当日は雨であいにくの天候でしたが、多くの会員が視察に参加し、情報交換も活発に行われました。

※TMRセンター:牧草、とうもろこし、配合飼料、ビタミンなどを均一に混ぜ、栄養バランスのとれた牛の飼料を農家に配送している。

 

TMRセンター「アライアンス」でJA忠類 森神係長の説明に熱心に耳を傾ける楽苦能会(らくのうかい)の皆さん

 河口ご夫妻(左)と楽苦能会(らくのうかい)の皆さん

写真1 TMRセンター「アライアンス」でJA忠類 
森神係長の説明に熱心に耳を傾ける
楽苦能会(らくのうかい)の皆さん

 写真2 河口ご夫妻(左)と楽苦能会(らくのうかい)の皆さん

 

十勝農業改良普及センターのトップページへもどる

 地域の話題一覧へもどる