スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 十勝農業改良普及センター >  「地域の話題」「ニューライフ研究会」平成28年度夏のつどいを開催


最終更新日:2016年7月25日(月)



十勝南部農村女性グループ連絡会議「ニューライフ研究会」
平成28年度夏のつどいを開催

(十勝農業改良普及センター十勝南部支所)


 7月15日、「ニューライフ研究会」の夏のつどいが開催されました。
 今年度は、農産加工の知識向上を目的として視察研修を企画し、幕別町忠類、大樹町、広尾町の農村女性26名が参加しました。
 1カ所目は、浦幌町にある「浦幌フリーズドライ(株)」を視察しました。職員より工場内を案内していただきました。当日はスィートコーンの加工を行っており、一連の加工の流れを見ながらフリーズドライ(真空凍結乾燥)食品ができるまでを見ることができました。即席味噌汁・スープの具材等として、自分たちが口にするフリーズドライ食品の加工工程や特徴などを聞くことが出来、大変勉強になりました。
  2カ所目は、本別町にある「渋谷醸造(株)」に伺い、味噌や醤油の製造工程について、説明を受けました。味噌を作っている会員もおり、大変参考になりました。
  また、道中のバスの中で、近年十勝でもいろいろなばれいしょが作られるようになったことから、「ばれいしょの品種特性と調理方法」について普及指導員から情報提供しました。
 普段顔を合わせることの少ない仲間との交流や情報交換の場となり、大変有意義な研修となりました。 
 

 

フリーズドライ加工の作業工程を見学

味噌と醤油の製造工程について説明を受けました 

写真1 フリーズドライ加工
の作業工程を見学

 写真2 味噌と醤油の製造工程
について説明を受けました

 

十勝農業改良普及センターのトップページへもどる

 地域の話題一覧へもどる