スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > とかち「食・観・連」推進室 >  首都圏十勝「食」ファン拡大推進事業


最終更新日:2016年3月08日(火)

 

 
  北海道の十勝地域は、カロリー換算で約400万人分が1年間に必要とする食糧を生産する日本一の食糧供給地域であるにもかかわらず、道外ではその認知度がまだ低いことから、首都圏の大学学生食堂や調理師専門学校に十勝産食材を提供し、これを活用してもらうことにより、学生等に十勝産食材の魅力をPRし、「食」を通じて十勝地域に関心をもってもらうなど、十勝ファンの拡大を図りました。
 
 
 
 
1 明治大学(和泉キャンパス・生田キャンパス学生食堂)
 (1)実施時期 平成28年1月13日(水)~14日(木)
 (2)提供した十勝産食材 じゃがいも(メークイン)、にんじん、マッシュルーム
 (3)実施内容 限定メニュー「北海道十勝(とかち)産の野菜を使ったクリームシチュー」の販売
            (各食堂1日100食)
                    学生への十勝の「食」と「観光」のPR
                    ※学生へのアンケート結果はこちら
 
 
 
2 東京調理製菓専門学校
  (1)実施時期  平成27年12月14日(月)~16日(水)
  (2)提供した十勝産食材 じゃがいも(キタアカリ、さやあかね)、長いも
  (3)実施内容 調理実習の中で十勝産食材を活用
           <調理実習で作られた料理>
               〇十勝産キタアカリのヴィシソワーズ(じゃがいもスープ)
               〇十勝産キタアカリのニョッキ
               〇明太子クリームパスタ(明太子ソースに十勝産ジャガイモペーストを混ぜ込む)
             〇十勝長芋のフラン(プディング:卵クリーム等と混ぜて蒸したもの)  など
                  ※実習に参加した学生へのアンケート結果はこちら 
 
 
 
3 武蔵野調理師専門学校
 (1)実施時期  平成28年2月6日(土)~7日(日)
 (2)提供した十勝産食材 じゃがいも(男爵、メークイン、インカのめざめ)、小豆(大納言)
 (3)実施内容 同校の学園祭において、学生が調理販売する模擬店で十勝産食材を用いたメニューを販売
          <模擬店で販売されたメニュー>
               〇西洋料理 パルマンティエ(3種のじゃがいもを用いたスープ) 
            〇中華料理  小豆とタピオカを使ったデザート
            〇日本料理  どら焼き
                     学園祭の来場者へ十勝産食材PR
                   ※来場者へのアンケート結果はこちら 
 
 
 
4 香川調理製菓専門学校
 (1)実施時期  平成28年2月8日(月)
 (2)提供した十勝産食材 じゃがいも(キタアカリ)、長いも
 (3)実施内容 調理実習の中で十勝産食材を活用
           <調理実習で作られた料理>
               〇十勝産のじゃがいも及び長いもを使ったパン
           ※実習に参加した学生へのアンケート結果はこちら