スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 十勝農業改良普及センター >  「地域の話題」広尾町「豊栄会」が先進事例視察


最終更新日:2015年10月30日(金)


広尾町「豊栄会」が先進事例視察

(十勝農業改良普及センター南部支所)


 10月27日、広尾町の酪農女性グループ「豊栄会(ほうえいかい)」(会員8名)が、消費者交流と6次産業化に取り組んでいる帯広市外山農場を視察しました。
 経営主の聖子さんから、「消費者交流は、農業を理解してもらう一つの手段として、また自分たちの農業を次世代につないでいくために消費者への種まきとして取り組んでいる」という消費者交流への思いを伺いました。
 また、商品シールを貼った商品、農場マークのついた段ボール箱を実際に見せてもらい、会員からは、「おしゃれ。この豆が空港にあったら観光客は買っていくね」とラベルの重要性を実感していました。
  聖子さんより、「考えるだけでなく、まず行動に移すことが大事。思いを形にしてください」とエールをいただき、大変有意義な研修となりました。 

 

 失敗を経験に変えてきた前向きな話は大変参考になりました

 農場ロゴの入った商品を一つ一つ見せていただいた

写真1 失敗を経験に変えてきた前向き
    な話は大変参考になりました

 写真2 農場ロゴの入った商品を
        一つ一つ見せていただいた

 

十勝農業改良普及センターのトップページへもどる

 地域の話題一覧へもどる