スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 建設管理部 > 帯広建設管理部 >  近年の土砂災害発生状況


最終更新日:2014年3月11日(火)


近年の土砂災害発生状況


TOP > 近年の土砂災害発生状況
■ 近年の土砂災害発生状況
 土砂災害は毎年のように発生しており、私たちのくらしに大きな被害を与えています。

■土砂災害の種類
土石流 がけ崩れ 地すべり

 谷や斜面に貯まった土・石・砂などが、梅雨や台風などの集中豪雨による水といっしょになって、一気に流れてくるのが土石流です。破壊力が大きく、また速度も速いので、大きな被害をもたらします。

 地面にしみこんだ水分が土の抵抗力を弱め、斜面が突然崩れ落ちるのががけ崩れです。地震をきっかけに起こることもあります。突発的に起こり、瞬時に崩れ落ちるので、逃げ遅れる人も多く、死者の割合も高くなります。
 比較的緩やかな斜面において、地中の粘土層など滑りやすい面が地下水の影響などでゆっくりと動き出す現象です。一度に広い範囲が動くため、ひとたび発生すると住宅,道路,耕地などに大きな被害を及ぼしたり、川をせき止めて洪水等を引き起こすことがあります。
■建設管理部別北海道土砂災害発生件数(H4~H13)
土現
■年度別北海道土砂災害発生件数(H4~H13)
年度別