スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 建設管理部 > 帯広建設管理部 >  気象情報を利用しましょう


最終更新日:2006年12月07日(木)


気象情報を利用しましょう


TOP > 気象情報を利用しましょう
■ 気象情報を利用しましょう
 日頃より気象情報や雨量状況を入手し、災害に注意してください。

■気象情報を入手しましょう

■気象情報・雨量情報のホームページ

●気象庁ホームページ          気象情報(注意報警報・降水短時間予報)など
●札幌管区気象台ホームページ
     気象情報(注意報警報)など
●釧路地方気象台ホームページ      気象情報(注意報警報)など
●帯広測候所ホームページ        気象情報(注意報警報)など
●日本気象協会 気象情報(携帯i-mode)  気象情報など(一部有料)
    メニューリスト → ニュース/天気/情報 →「気象協会」
●北海道 川の防災情報         雨量・水位情報など
           (携帯i-mode)  http://i.river.go.jp/hokkaido/
●国土交通省 防災情報提供センター   雨量情報など

●土砂災害警戒情報    平成20年3月21日から北海道と気象台で共同発表します。                                                             
                 道庁砂防災害課ホームページにリンク、閲覧出来ます。
             

■十勝管内の雨量観測所

管内の雨量観測所

■十勝地方の大雨時の降雨特性


■前線が停滞している状況で台風が接近

前線の動きが遅く台風が接近する場合には、台風の影響により南側より暖かく湿った風が流れ込み、前線を活発にすることにより大雨となる傾向にあります。

降雨特性1


■活発な低気圧が通過

台風が接近していなくても、活発化した低気圧が通過するときに大雨や強雨となります。また、沿岸部では、低気圧が東南海を通過する場合にも大雨となるため注意が必要です。

降雨特性2