スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 保健行政室 >  結核に注意しましょう


最終更新日:2016年9月23日(金)

結核に注意しましょう!

毎年9月24日から9月30日までは、「結核予防週間」です。

結核は、年間おおよそ2万2千人の新規患者が発生し、約2千人の方が亡くなるなど、日本で最大の感染症ですので、結核に対し正しい知識を持ちましょう!

結核は、結核菌によって主に肺に炎症を起こす病気です。

重症の結核患者の咳などで結核菌が飛び散り、周りの人がそれを直接吸いこむことで感染します。

しかしながら、早期に発見することにより、本人の重症化を防ぐだけではなく、大切な家族や職場等への感染拡大を防ぐことができます。

  • 結核は決して過去の病気ではありません。
  • もし咳が2週間以上続くようなら医療機関を受診しましょう。

こんな時はすぐ医療機関へ!

  • タンがでる(タンに血が混ざる)
  • 長引く咳(2週間以上)
  • 長引く倦怠感(体がだるく活力が出ない)
  • 長引く微熱

連絡先

十勝総合振興局保健環境部保健行政室(帯広保健所)
健康推進課 保健係
電話:0155-27-8637
健康推進課 健康支援第一係
電話:0155-26-9084

詳しくはこちらのリンク先をご覧ください

財団法人結核予防会ホームページへ

帯広保健所トップページへ戻る
Contentsへ戻る