スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2017年3月23日(木)


十勝の女性ロールモデル


十勝の女性ロールモデル

~多様な分野で活躍する女性たち~

  十勝総合振興局とかち「食・観・連」推進室では、女性がその能力を十分に発揮し、地域で効果的に活躍できる社会の創造に向け、就業や起業、社会活動など様々な分野で活躍する女性をロールモデルとして紹介していきます。(ご紹介する方は、順次更新する予定です)

就業・キャリアアップ

神宮司亜沙美さん・中神美佳さん

 神宮司 亜沙美さん ・ 中神 美佳さん

 (大樹町地域おこし協力隊 ・ 大樹町)

 離れたからこそ、ふるさとの魅力に気付いたのかもしれません。そして再び住んでみて、さらにこのマチが大好きになりました。だって生まれ育ったマチだから…。女性独自の目線で物事を捉えると、新たな発見があるかも。皆さんもふるさとの魅力を見つけてみませんか?

起業・創業

北村貴さん

  北村 貴さん  (株式会社グロッシー 代表取締役 ・ 帯広市)

 マーケティングの分野では、女性だからこそ共感できるアイディアがあります。人は限界を超えた時、はじめて新たな自分を見つけることができます。色々なことに興味を持ち、女性ならではの感性を持って視野を広げてみてください。きっと何かが変わってくるはずです。

紫竹昭葉さん

  紫竹 昭葉さん (紫竹ガーデン オーナー ・ 帯広市)

 こんなことをしたい、でもできるかな、と悩んでいる方へ。自分に魔法をかけなさい。「できる」「やれる」って。人生は楽しいもの。つらいこともあるけど、そんな時はできる人が助けてあげなきゃね。私もいっぱい助けてもらったのよ。人と仲良くしていれば、手をさしのべてくれる方はきっといるから。あきらめないで。

 谷あゆみさん

  谷 あゆみさん (ばんえい十勝 調教師 ・ 帯広市)

 「継続は力なり」です。頑張り過ぎずに、目の前の事、自分の出来ることを「とつとつ」とやる。そうすることで、周りからの信頼も得られていきます。頑張り過ぎると、ある日、突然糸が切れてしまうこともあるかもしれません。頑張り過ぎず、自分のペースで進むことが大切だと思っています。

道見ひろみさん

  道見 ひろみさん (株式会社あんてぃー 代表 ・ 中札内村)

 高校の時、女性が少ない中、自ら6人集めてバレーボール部を作るなど、自ら決めた目標に対して全力でぶつかってきました。この販売所も同じ。何事にも妥協せず、まずはチャレンジすることが大切ですよ。それが実現した時、達成感に包まれ、幸せになれます。

 坂井友子さん

  坂井 友子さん

 (陶芸家、cafe & うつわのお店「tomono」 オーナー ・ 陸別町)

 絶対に笑顔を絶やさずに前を向いている、それだけで毎日幸せになれます。人は幸せになるために生きているのに、幸せでは申し訳ないという思いがどこかにあるような気がします。幸せで当たり前!毎日生き生きと、胸を張って堂々と幸せに過ごしてください。

 鈴木由加さん

  鈴木 由加さん (手づくりおかずのすずきっちん 代表 ・ 芽室町)

 できない理由だけを考えないこと。どうやったらできるのか。やらなきゃいけないじゃなく、自分のしたいこと、思いを口に出していれば、必ずカタチになるのです。誰かの耳に入れば、そこから繋がって応援してくれる人が現れますよ。

 小笠原美奈子さん

  小笠原 美奈子さん (農家のお店 ひより 店主 ・ 幕別町)

 一歩を踏み出してみると意外となんてこともなかったりします。夢は口に出して言ってみましょう!そして言い続けることが大事です。常に夢を口にしていると、きっと協力してくれる人が現れます。ピンときたらワクワクする方へ!が私のモットーです。

社会活動・ボランティア

 山岸厚子さん

 山岸 厚子さん (せわやき玉子 代表・士幌町)

 「せわやき玉子」とは、玉子から何がかえるか分からないけど、とりあえず温め、育て、行動してみよう、そんな思いを込めています。世話焼き(好き)って決して悪いわけではなく、目配りが利くってことじゃないかな。そんな素敵な女性になりましょうね。

 湯浅優子さん

  湯浅 優子さん 

 (スローフード・フレンズ北海道 リーダー ・ 新得町)

 おいしいものをみんなで食べると心が通い合い、会話も弾みます。人生はいろいろな悲しみや苦難もありますが、笑顔で楽しく生きることの大切さを忘れずに、と思っています。暮らしや仕事に志や哲学を持つと、人生は豊かになります。食卓を囲む笑顔の周りには人が集まり、きっと生きる力になりますよ。

 菊地亜希さん

  菊地 亜希さん

 (菊地ファーム、ピロロフェス実行委員会 代表 ・ 広尾町)

 1回目を開催したとき、手書きの手紙に思いを綴って、参加を呼びかけたことで多くの方に共感してもらえたのだと思います。思いがあれば困難があっても頑張れるし、アドバイスをくれる方もきっといます。あとは何よりもまず、自分が楽しんでやることかなと思います。

 本別発・豆ではりきる母さんの会

  本別発・豆ではりきる母さんの会 (本別町)

 何か始めたいと思った時、身近なところにチャンスがあります。家族を大切にして感謝しながら、でも家に閉じこもらないで思い切って外の世界に出てみると、みんな扉を開いて待ってくれているのです。「為せば成る」、悩むなら実行しましょう!

 国際トラクターBAMBA実行委員会

  国際トラクターBAMBA実行委員会 (更別村)

 私たちは、男性とともに日本の食料供給を支えています。このイベントはそういった女性たちが主役になれる場所です。輝くトラクターでレースに参加すると普段味わえない特別な高揚感に包まれますよ。(「メカジョ・スズランカップ」初代メカ馬クイーン 道下惠子さん)


○お問い合わせ
 〒080-8588
 帯広市東3条南3丁目
 北海道十勝総合振興局産業振興部とかち「食・観・連」推進室
 電話:0155-27-8632
 FAX:0155-25-7756