スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 建設管理部 > 帯広建設管理部 >  佐幌ダム|流域の環境


最終更新日:2012年12月27日(木)


佐幌ダム|流域の環境


佐幌ダム|トップページ

佐幌ダムの概要

佐幌ダムの洪水調節

佐幌ダムのイベント・ミニギャラリー

憩いの場 サホロ湖

流域の環境

ダムのミニ知識

関連機関へのリンク

佐幌ダムのトップへ戻る

更新履歴

流域の環境

佐幌川流域とその周辺

 佐幌川流域

 佐幌川は「母なる大河十勝川」の西側を流れる十勝川の支川です。
 佐幌川流域及びその周辺は、主として森林性動植物の生育・生息環境となっています。
 植生としては、カラマツ人工林が各所に見られますが、シナノキ、イタヤカエデ、ハルニレ、ヤチダモ、カツラ、ホオノキなどの広葉樹やドドマツ、エゾマツの針葉樹がみられます。
 哺乳類としては、エゾシカ、キタキツネ、エゾタヌキ、エゾユキウサギ、エゾリス等の生息が確認されています。
 鳥類では、アオジ、オオタカ、オオアカゲラ、センダイムシクイ、ヒヨドリ、 アカハラ、ウグイス、ツグミ等の生息が確認されています。
 魚類は、アメマス、ハナカジカ、フクドジョウ等の他に外来種のニジマスの生息が確認されています。
 また、両生類のエゾサンショウウオとエゾアカガエルの生息も確認されています。
 佐幌川流域と周辺の丘陵により構成されている当該区域には、今なお豊かな自然と景観が残っています。

オオアカゲラ
オオアカゲラ

オオタカ
オオタカ ※1

エゾユキウサギ
エゾユキウサギ

エゾリス
エゾリス

アメマス
アメマス

ハナカジカ
ハナカジカ ※2

エゾサンショウウオ
エゾサンショウウオ ※3

エゾアカガエル
エゾアカガエル

※1 国レッドデータリスト準絶滅危惧、北海道レッドデータブック絶滅危急種、種の保存法国内希少種

※2 北海道レッドデータブック希少種

※3 北海道レッドデータブック留意種、十勝平野の個体群は北海道レッドデータブック地域個体群

〒081-0223
北海道河東郡鹿追町南町1丁目54
十勝総合振興局帯広建設管理部鹿追出張所
TEL 0156-66-2301
FAX 0156-66-3972