スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 社会福祉課 >  「攻めの福祉」プロジェクト

十勝の分類: くらし・医療・福祉 > 高齢者・介護・障がい者

最終更新日:2019年9月17日(火)

 

「攻めの福祉」プロジェクト

十勝総合振興局では、「攻めの福祉」プロジェクトを推進しています。

「攻めの福祉」プロジェクトの目指す姿

 ・オシャレや仕事をはじめ、「なりたい自分」を目指せる社会
 ・個性やハンデを理解し、弱者に寄り添う社会
 ・誰もが自分に誇りと自信をもって暮らす社会

車いすファッションショー in とかち 2019      <終了しました>

「誰もが輝き、なりたい自分を目指せる社会」の実現に向け、手足などに障がいをお持ちの方のファッションショーを開催しました。

<めざすもの>

 ・フォーマルな場面や季節に合わせた”おしゃれ”を楽しむことで、積極的に外出する機運を醸成する
 ・着替えがしやすく、”ファッショナブル”で、誰にでも手が届く”リーズナブル”なリフォームの技術を蓄積し、
  持続可能なビジネスを支援する
 ・障がいのある方に対する、住民の皆さまや企業など地域の方々や行政の理解を深め、段差のない通路
  や自動ドア、障がい者用トイレなどのハード整備はもとより、住民一人ひとりが車いすを押し、ドアを開け
  るなど、障がいのある方や高齢者などに”気遣いを実践する社会”につなげていく

<主な取組実績>

  ファッションショーの開催

  日時      2019年9月1日(日) 12時~14時 ※PRブースは10時~15時開催

  会場      藤丸百貨店 7階 催事場

  内容(予定)  アトラクション
              車いすラグビーの紹介・実演

           ファッションショー
             着たい服を着替えやすくリフォームした衣装や、車いすのまま着物を着せることのできる技術を
             持っている方に着せてもらった着物など、様々な工夫を施した衣装をまとったモデルさんが登場

           トークセッション
             障がい当事者の方と三井十勝総合振興局長が、「障がいとは何か」について語り合いました

           このほか、PRブースでは、おいしいパンやお菓子などの販売や、子どもから大人まで参加できる
           車いす体験コーナー、幕別高校の生徒さんのアイデアによるカッターシャツの展示などを行いました

※ くわしくは、こちらのチラシをご覧ください。

           

人生劇場紙芝居(発達障がい篇)

発達障がいのある方が、仕事にかける思いや職場で遭遇したトラブルを紙芝居に表現します。

発達障がいのある方への理解を深めるためのツールとして、この紙芝居を広くご活用いただけるよう、企業などに対し、働きかけていく予定です。

<主な予定>

  • 内覧会    2019年10月
  • フォーラム  2020年2月

子ども食堂応援団

2019年4月に実施した「フードドライブ」の取組を発展させ、子ども食堂の活動を支援する企業住民の輪を拡大していきます。

新規希望者を含む管内の子ども食堂が相互にノウハウを提供し合うネットワークの充実を図ります。

活動紹介や好事例研究を行うフォーラムを開催し、衛生管理のノウハウや食育など関係機関との連携を密にしながら、管内全体の理解と賛同を促進していきます。

<主な実績>

 2019年7月 一般社団法人北海道水産物荷主協会から水産物の提供を開始

 

このページに関するお問い合わせ
北海道十勝総合振興局社会福祉課
〒080-8588 北海道帯広市東3条南3丁目
電話番号:0155-67-6503  又は 0155-26-9081
FAX番号:0155-27-2188