スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 環境生活課 >  避難小屋利用の留意事項


最終更新日:2015年9月18日(金)

 

北海道管理の避難小屋ご利用にあたっての留意事項


  北海道が管理している大雪山国立公園「ヒサゴ沼」、「旭岳石室」、

「忠別岳」、「上ホロカメットク」の避難小屋は、悪天候時等に登山者

一時避難することを目的に設置した公共施設であり、不特定

多数の方々に、無料で開放しています。

 そのため、登山行程において、山中で宿泊を計画する場合は

避難小屋での宿泊をあてにせず、十分な装備の元、野営指定地で

野営しましょう

 なお、やむを得ず避難小屋をご利用する場合は、次のことに

ご留意され、登山のモラルとマナーを守り、安全で快適な登山

を楽しまれますよう、お願いいたします。

 また、避難小屋内に滞在以外、荷物を恒常的に置くことは

則禁止しております。

 

1 荷物の整理整頓を徹底し、利用者相互が譲

 り合って使用しましょう。

1 ご利用後は、必ずゴミを持ち帰り、清掃の

 保持に努めましょう。

1 特に、先乗りしての場所取り行為 又は、場

 所取り行為と疑われる行為は、絶対に行わな

 ようにしましょう。

 

 

北海道十勝総合振興局

 

戻る