スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 環境生活課 >  ヒサゴ沼避難小屋の利用について

十勝の分類: 環境・まちづくり > 公共施設・公園

最終更新日:2015年9月18日(金)

ヒサゴ沼避難小屋の利用について


  「ヒサゴ沼避難小屋」は、化雲岳の南、約2kmのヒサゴ沼湖畔に設置されています。

  この建物は、山小屋ではなく、悪天候時など緊急を要する際に、避難するための小屋 として造られておりますので、登山で現地に宿泊したい場合に、利用するための施設ではありません。

 ですので、現地に宿泊される場合は、宿泊用テントを持参し、防寒対策をとった上で、野外の野営場でテントを設営し、宿泊 をって下さい。

 現地で「避難小屋を利用される場合」 に、常時開放されていますので、利用者みなさんで協力して、ご利用願います。

 ※理人は居ません。

 ※緊急時に避難する施設ですので、
事前の予約は、一切受け付けておりません。

 登山ガイドツアーなどで、避難小屋を全面占拠するなどのマナー違反行為は、
  一切行わないで下さい。

                         避難小屋利用の留意事項

ヒサゴ沼避難小屋の画像

避難小屋(内部写真)

大雪山国立公園 山岳概念図
(画像をクリックすると拡大します)
大雪山国立公園山岳概念図

過去のヒサゴ沼の雪渓状況(参考)

(注)その年によって雪の量は大きく違いますので、ご注意願います。

また、この付近の山々は本州の3,000m級の山の気象条件に相当しますので、

登山される場合には、テント・防寒対策など、万全の装備でお願いします。

収容人数

約30人

利用期間

通年

設置年度

昭和57年

利用料金

無料

  • 満員となる場合がありますので、テントを持参してください
    (避難小屋前に野営指定地(約30張設営可能)
  • ヒサゴ沼の水は煮沸するにしても、飲用としては使わない方がよいと思われます。
    付近に雪渓の融雪水の水場がありますので、こちらを煮沸してお使いください。
  • 小屋にはトイレがありますが、便槽の中にゴミを捨てないでください。
  • ヒサゴ沼周辺の状況は、年ごとに異なります。
  • 登山前に必ず気象予報を確認してください。

 

 

 


戻る