スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 環境生活課 >  野鳥の高病原性鳥インフルエンザ


最終更新日:2016年12月08日(木)

野鳥の高病原性鳥インフルエンザ

★死亡した野鳥を見つけた場合は、素手で触らず、振興局へご連絡ください。

鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥との濃密な接触等の特殊な場合を除いて、
通常では人に感染しないと考えられていますので、冷静な行動をお願いします。

お願い> ※ 野鳥から家禽への感染防止のためには、皆様のご協力が必要です
★ 野鳥観察の時は水辺や鳥に近づきすぎないようにしましょう。
★ 鳥の糞によるウイルス拡散防止のため、水辺に入ることは避けてください。
★ もし水辺に入った場合は、靴底を消毒してください。
★ 野鳥の密度が高まると感染拡大しやすいため、エサやりは自粛してください

死んだ野鳥を見つけても素手で触らないで(リーフレット)

死亡野鳥を見つけた場合の注意事項について(北海道ホームページへリンク)

 十勝総合振興局保健環境部環境生活課

0155-26-9031(直通)