スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 環境生活課 >  女性のロールモデル


最終更新日:2020年3月03日(火)

十勝の女性ロールモデル ~多様な分野で活躍する女性たち~ 

 十勝総合振興局では、女性がその能力を十分に発揮し、地域で効果的に活躍できる社会の創造に向け、就業や起業、社会活動など様々な分野で活躍する女性をロールモデルとして紹介します。

就業・キャリアアップ

 神宮司

神宮司 亜沙美さん ・ 中神 美佳さん

 (大樹町地域おこし協力隊 ・ 大樹町)

 離れたからこそ、ふるさとの魅力に気付いたのかもしれません。そして再び住んでみて、さらにこのマチが大好きになりました。だって生まれ育ったマチだから…。女性独自の目線で物事を捉えると、新たな発見があるかも。皆さんもふるさとの魅力を見つけてみませんか? 

 前田    前田 晶子さん

 (前田農産食品株式会社 取締役 ・本別町)

 私は「自分に何が向いているのか」ということばかり考えている時期がありましたが、やっているうちに「得意な仕事」になっていました。自分の得意不得意は、自分自身では意外と分からないものです。まずはやってみること!今は、やり続けて良かったと思っています。

      中川 知子さん

 (医療法人社団博愛会開西病院 看護介護部西3病棟

                            科長(看護師) ・ 帯広市)

 医療現場では、女性スタッフが多く、子育てしながらこうして働き続けていけるのも、他のスタッフの協力や男性スタッフの理解があってのことと思います。互いに感謝の気持ちを持つことが大切ですね。

  

 樋渡 久美子さん

 (社会福祉法人真宗協会 障がい者グループホーム帯広マイトリー

                                施設長 ・ 帯広市)

 石の上にも3年ではなく5年だと若い人には言っています。5年頑張ればどんなことでも乗り越えられます。一緒に働く仲間がいればきっとやっていけるので、結婚や出産で辞めてしまわないで、是非とも続けてほしいです。仲間は待っていてくれますよ。

      堀田 美枝さん

 (医療法人社団刀圭会 共立病院看護部一般病棟 看護課看護係

                                   主任 ・帯広市)

 独りじゃないんだって考えるようにしています。職場や家、ママ友、周りには仲間がいます。悩むことがあったら、いろいろな人に相談したらいろいろな答えが出てきますし、私もそうだったよって言われるだけでホッとします。何かあったら気軽に相談してほしいですね。

      高井 友枝さん

 (帯広日産自動車株式会社 営業支援部販売促進課 ・帯広市)

 良い意味でも、“完璧”を求めないことを心がけています(特に子育てですが)。自分が元気でいなければ、家族も元気でいられないと思うので、自分を優先することも時には大事なのではないでしょうか。ゆとりをもって!

     逸見 陽子さん

 (帯広日産自動車株式会社 西16条店 店長 ・ 帯広市)

 後進を育てる立場として気を付けていることは、真正面にその人と向き合うことだと思っています。きちんと注意できなければダメだし、ちゃんと想いを持って伝えています。もう一つ、いつまでも根に持たないこと。その後は笑えるような環境づくりに努めています!

     齋藤 絵美さん

 (帯広日産自動車株式会社 西16条店サービス課

                      テクニカルアドバイザー ・ 帯広市)

 とにかく“諦めるな!”ということかなと思っています。努力を惜しまず、どうすれば上手くいくのか分析して、何事も最後までやり抜くことが大切。

      男澤 奈穂美さん

 (農業生産法人株式会社オークリーフ 常務取締役 ・ 帯広市)

 子どもを育てながら働くことにためらいのあるお母さんもいると思いますが、子どもと一緒にいられる時間が短いからこそ、より深い愛情が与えられると思います。ほどよい距離感を持つことも大切。仕事をすることで、きらきら輝いているお母さんでいたいと思っています。

      岸本 緒子さん

 (十勝川温泉第一ホテル 宿泊営業課 支配人 ・ 音更町)

 仕事って給料や生活のためだけにするものではなく、そこに喜びや楽しさを感じ、人生の活力となるものだと思います。子育てとの両立は大変で、一緒にいる時間が少ないことに対して後ろめたい気持ちもあるかもしれません。私はこれを責任と働く誇りに変えて行きたいと思っています。

     桜庭(岩城) 弘子さん

 (十勝毎日新聞販売局 販売部長 ・ 帯広市)

 私のモットーは、「笑顔と周囲への感謝を忘れずに」です。仕事も子育ても肩の力を抜いて頑張りすぎないのが大事だと思います。大変な時は周りの人に助けを求めることも悪いことと感じないでほしいですね。そのためには、常日頃からのコミュニケーションが大切です。

      佐藤 智恵さん

 (株式会社森組 1級とび技能士 ・ 帯広市)

 建設業は、“男性社会”のイメージがあると思いますが、達成感が味わえて、とても充実しています。業界全体の女性の割合が増えれば、女性ならではの目線や気配りを活かしたより魅力的な職種になると思いますので、是非この仕事に携わって欲しいです。

      岩波 雄子さん・林 真弓さん

 (岩波さん:(株)野田組 ・帯広市、林さん:萩原建設工業(株)・帯広市)

 建設業界に入職する女性も徐々に増えていますので、尻込みせずに飛び込んできてください。やる気さえあれば大丈夫です。女性同士の交流会など、不安や悩みを共有できる場もあります。人と違う仕事をしてみたい方は、“現場”の仕事も選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか!

 女子部    北村林業女子部  (浦幌町)

 やってみたいことや気になることがあれば、まず挑戦してみてください。何事も積極的に取り組んで、色んなことにチャレンジしてみましょう。林業の仕事は、やる気、根性があればできる仕事だと思うので、興味があれば思い切って飛び込んでみてください。一緒に頑張りましょう。

 小川

小川 美香さん

 (北海道拓殖バス株式会社 業務部運行課 運転手 ・音更町)

 私は、幼い頃からの憧れからの挑戦でしたが、今は、日々楽しく乗務することが出来ています。ちょっと気になるな?やってみようかな?と思ったら、とにかく挑戦してみませんか?

 田中

田中 真希子さん

(音更電設(株)・(株)ホームライフシステム十勝

                           総務部 総務課長 ・音更町)

 子育てでキャリア形成ができないと決めつけず、どうしたら出来るかと前向きに考えることが大切。可能性を広げていくためには、子育てをしながらでも働き続けることが重要と感じます。子育てが一段落した後も自分自身が社会で羽ばたけるよう、今を存分に楽しみましょう。

     印牧 ユミさん

 (足寄町森林組合 業務課長兼総務課長 ・足寄町)

 子育てしながら仕事をすることは、職場のみんなの理解が大事。社会も変わってきているので、だんだんとやりやすくなるのではないでしょうか。少なくとも自分が苦労したことを今の人にしないことも肝心だと思います。

   

大坂 亜希子さん

(有限会社大坂林業 取締役 ・ 幕別町)

 十勝の女性は、開拓者精神があって発想の転換も抜群。気づいたら当たり前のように助けあっていて、同業者でもウィンウィン関係になっていることが多い気がします。大変な時でも周りの人に助けてもらいながら、一緒に頑張っていきましょう!

 北出  

北出 愛さん

(株式会社山岸牧場 マネージャー ・ 士幌町)

 女性、男性に限らず、続けていればいつかは形になります。そしていろんな出会いの中で、チャンスに恵まれたり、結果的に協力してもらえることもあるので、あきらめずにひとつひとつやれることを続けてみてください。

    

梶川 菜々実さん

(NPO法人 食の絆を育む会 スタッフ ・ 浦幌町)

 地縁もなかった浦幌町に飛び込みましたが、農村ホームステイで出来たご縁で、皆さんに助けられてきました。進路に悩んだときは、周りのご縁を大切にすると意外になんとかなるかもしれません。

 川原

 川原 洋子さん  

 (大正交通有限会社 タクシー運転手 ・ 帯広市)

 小さなお子様がいらっしゃる方や私のように車の運転が好きでドライブに行くのが大好きな方、今タクシー会社は働くお母さんの力になってくれ、いろいろと相談にも乗ってくれます。一人でも多くの仲間が増えて今以上に楽しく仕事ができたらと思います。 

起業・創業

北村    北村 貴さん  (株式会社グロッシー 代表取締役 ・ 帯広市)

 マーケティングの分野では、女性だからこそ共感できるアイディアがあります。人は限界を超えた時、はじめて新たな自分を見つけることができます。色々なことに興味を持ち、女性ならではの感性を持って視野を広げてみてください。きっと何かが変わってくるはずです。 

 紫竹    紫竹 昭葉さん (紫竹ガーデン オーナー ・ 帯広市)

 こんなことをしたい、でもできるかな、と悩んでいる方へ。自分に魔法をかけなさい。「できる」「やれる」って。人生は楽しいもの。つらいこともあるけど、そんな時はできる人が助けてあげなきゃね。私もいっぱい助けてもらったのよ。人と仲良くしていれば、手をさしのべてくれる方はきっといるから。あきらめないで。

 谷    谷 あゆみさん (ばんえい十勝 調教師 ・ 帯広市)

 「継続は力なり」です。頑張り過ぎずに、目の前の事、自分の出来ることを「とつとつ」とやる。そうすることで、周りからの信頼も得られていきます。頑張り過ぎると、ある日、突然糸が切れてしまうこともあるかもしれません。頑張り過ぎず、自分のペースで進むことが大切だと思っています。

 道見

道見 ひろみさん 

(株式会社あんてぃー 代表 ・ 中札内村)

 高校の時、女性が少ない中、自ら6人集めてバレーボール部を作るなど、自ら決めた目標に対して全力でぶつかってきました。この販売所も同じ。何事にも妥協せず、まずはチャレンジすることが大切ですよ。それが実現した時、達成感に包まれ、幸せになれます。

 坂井    坂井 友子さん

 (陶芸家、cafe & うつわのお店「tomono」 オーナー ・ 陸別町)

 絶対に笑顔を絶やさずに前を向いている、それだけで毎日幸せになれます。人は幸せになるために生きているのに、幸せでは申し訳ないという思いがどこかにあるような気がします。幸せで当たり前!毎日生き生きと、胸を張って堂々と幸せに過ごしてください。

 鈴木

鈴木 由加さん

(手づくりおかずのすずきっちん 代表 ・ 芽室町)

 できない理由だけを考えないこと。どうやったらできるのか。やらなきゃいけないじゃなく、自分のしたいこと、思いを口に出していれば、必ずカタチになるのです。誰かの耳に入れば、そこから繋がって応援してくれる人が現れますよ。

 小笠原

小笠原 美奈子さん 

(農家のお店 ひより 店主 ・ 幕別町)

 一歩を踏み出してみると意外となんてこともなかったりします。夢は口に出して言ってみましょう!そして言い続けることが大事です。常に夢を口にしていると、きっと協力してくれる人が現れます。ピンときたらワクワクする方へ!が私のモットーです。

 堀田  

堀田 悠希さん 

(株式会社at LOCAL 代表取締役 ・ 士幌町)

 女性農業者の大先輩から「辛いことがあってもあなたなら大丈夫、周囲の人から愛されているからね」という言葉をいただきました。人さまから愛していただくためには、私自身が人さまを愛し、愛される努力をしていかねば、と感じました。皆さんも是非。一緒に愛される女性に。

 藤井

藤井 史織 

(Farm Bell Veggy (ファーム べる べじぃ) 代表 ・ 鹿追町)

 社会人になり、農業の他にも様々なお仕事等を体験してきました。しかし、まだまだ世の中を知るにはもっと沢山の経験が必要なんだと常々思わされます。現在もスキルをあげるため、何でもやってみよう!という気持ちでいます。まずはチャレンジ。地域を盛り上げていきましょう。

 安藤    安藤 登美子さん 

(株式会社コスモス 代表取締役 ・ 清水町)

 高校時代は陸上部。毎年、新たな目標を掲げ、己には厳しかった分、他人には優しく接することができます。一人では何もできませんが、様々な個性の人達がお互いの長所を尊重し、協調する気持ちが何よりも大切。夢を叶えるのは、「やる気」だと思います。

      渡邉 文子さん

(一般社団法人ドゥーラ協会 認定産後ドゥーラ・ 芽室町)

 自分にできること、役に立つことを見つけながら、その時自分ができることをブレずに一つ一つやってきました。諦めず、コツコツ積み重ねることが何よりも大切なことと感じます。

      砂子田 円佳さん

(株式会社マドリン 代表取締役 ・広尾町)

 他の人がまだやっていないことにチャレンジすることは、すごく楽しいことだと思います。今、自分にできること、私にしかできないことを精一杯ベストを尽くしてやってみる。ちょっとでも良いので、一歩踏み出す勇気をもつこと、カラを破って進んでみることが大切なんだと思います。

 中村    中村 かほるさん 

(ファーマーズマーケット あいす屋 オーナー  ・ 芽室町)

 自分のような一介の農家であっても、挑戦することで得られるものがありました。無責任に「やってみて」とは言いにくいですが、今、挑戦している働く女性たちを応援したいと思います。

社会活動・ボランティア

山岸     山岸 厚子さん (せわやき玉子 代表・士幌町)

 「せわやき玉子」とは、玉子から何がかえるか分からないけど、とりあえず温め、育て、行動してみよう、そんな思いを込めています。世話焼き(好き)って決して悪いわけではなく、目配りが利くってことじゃないかな。そんな素敵な女性になりましょうね。

 湯浅     湯浅 優子さん 

 (スローフード・フレンズ北海道 リーダー ・ 新得町)

 おいしいものをみんなで食べると心が通い合い、会話も弾みます。人生はいろいろな悲しみや苦難もありますが、笑顔で楽しく生きることの大切さを忘れずに、と思っています。暮らしや仕事に志や哲学を持つと、人生は豊かになります。食卓を囲む笑顔の周りには人が集まり、きっと生きる力になりますよ。

 菊池    菊地 亜希さん

 (菊地ファーム、ピロロフェス実行委員会 代表 ・ 広尾町)

 1回目を開催したとき、手書きの手紙に思いを綴って、参加を呼びかけたことで多くの方に共感してもらえたのだと思います。思いがあれば困難があっても頑張れるし、アドバイスをくれる方もきっといます。あとは何よりもまず、自分が楽しんでやることかなと思います。

 本別    本別発・豆ではりきる母さんの会 (本別町)

 何か始めたいと思った時、身近なところにチャンスがあります。家族を大切にして感謝しながら、でも家に閉じこもらないで思い切って外の世界に出てみると、みんな扉を開いて待ってくれているのです。「為せば成る」、悩むなら実行しましょう!

 ばんば    国際トラクターBAMBA実行委員会 (更別村)

 私たちは、男性とともに日本の食料供給を支えています。このイベントはそういった女性たちが主役になれる場所です。輝くトラクターでレースに参加すると普段味わえない特別な高揚感に包まれますよ。(「メカジョ・スズランカップ」初代メカ馬クイーン 道下惠子さん)

 バルーン    上士幌ガールズバルーンクラブ (上士幌町)

 何度もあきらめかけ、挫折をし、初めは独りぼっちでの活動がこうして繋がり、様々な出会いの風が吹き、全国でも珍しい女性だけのクラブチームを結成することができました。小さな風は自分でも起こせます。様々な風が今後も吹き続け、大きな「結」となりますように。

 白石    白石 友柄さん

 (特定非営利活動法人 教育支援協会北海道 専務理事 ・ 帯広市)

 自分が自分をどう見るかだけでなく、社会が自分をどう見るかという視点を持てば、可能性はますます広がっています。そのためにも、どんどん外に出て、たくさんの人とつながり、新たな自分を発見してほしいです。

 imamura    今村 江穂さん

    (認定NPO法人    

                 子どもと文化のひろば ぷれいおん・とかち  理事長・帯広

   

       自らが楽しみながら、子どもの成長を間近で見られ、親が笑顔になる

     ことが何より嬉しいし、それが地域に役立っているなら、これほど嬉しい

     事はありません!

 

      菅生 敬子さん

    (統計調査員・帯広

   

      お子さんがいる女性でも、統計調査はできる仕事だと思います。社会に

  貢献できる非常にやりがいのある仕事ですので、興味があれば、是非

  トライしてみてもらいたいと思います。

      沼口 奈美子さん

    (社会福祉法人ふるさと 介護員養成研修センター管理者 ・ 帯広

   

      経験は財産です。出会いは宝です。誰と出会うかで人生は大きく変わると

  感じています。たくさんの人とつながりを持ち、仲間を増やしてください。

  一度きりの人生です。少しの勇気で一歩踏み出してみませんか?

                                    戻 る