スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2014年5月22日(木)


狩猟


狩猟


  狩猟とは、法定猟法により、狩猟鳥獣の捕獲等をすることです。
狩猟を行うためには狩猟免許の取得と狩猟者登録を行う必要があります。


  狩猟免許には「網猟免許」「わな猟免許」「第一種銃猟免許」「第二種銃猟免許」の4種類があります。
これから行おうとする狩猟の方法に必要なものを取得してください。(狩猟免許試験の日程等は こちら)

免許の種類

説明(使用できるのは法定猟具に限ります。)

網猟免許

網を使用して狩猟を行うことができます。

わな猟免許

わなを使用して狩猟を行うことができます。※1

第一種銃猟免許

装薬銃及び空気銃を使用して狩猟を行うことができます。※2

第二種銃猟免許

空気銃を使用して狩猟を行うことができます。※2

※1
鳥類及びヒグマの捕獲にわなを使用することは禁止されています。
※2

銃器の所持には公安委員会の許可が必要です。
手続きについては、最寄りの警察署へお尋ねください。


  狩猟を行う際には、狩猟を行う都道府県に狩猟者登録をする必要があり、登録時に交付される「狩猟者登録証」と「狩猟者記章」は、狩猟を行う際に携帯していなければなりません。
狩猟者登録の方法については、最寄りの総合振興局または振興局の環境生活課自然環境係へお問い合わせください。


狩猟免許・狩猟者登録に係る申請書のダウンロードは こちら


  狩猟を行うことができるのは狩猟期間に限ります。
北海道の狩猟期間は10月1日から翌年1月31日(エゾシカ猟を除く)です。
エゾシカの狩猟期間については毎年見直しが行われており、また、地域によっても異なりますので、狩猟者登録の際にお渡しする「鳥獣保護区等位置図」によりご確認願います。


戻る