スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 保健行政室 >  自殺対策について


最終更新日:2017年1月06日(金)


自殺対策について


自殺対策 

 

 

 我が国では平成10年に自殺者数が3万人を超え、14年連続で同水準のまま推移していましたが、平成24年に15年ぶりに3万人を下回り、平成27年は2万4,025人となりました。しかし、日本の自殺率の高さは世界で10番以内に入ります。
 十勝管内の近年の自殺数の動向をみますと、全国の傾向と同じように、平成10年から自殺者数が増加しています。また、全国・全道では自殺者数の減少が続いている中、十勝管内では増減を繰り返し、減少傾向とはいえません。 

自殺の原因をみると、健康問題が最も多く、その中の約半数が精神疾患によるものと言われています。ストレス社会と言われる時代、どことなくこころの調子がよくなかったり、けがや病気が心配だったり、金銭の問題で悩んだりすることも珍しいことではありません。ただ、どこからが普通の疲れで、どこから治療が必要なのか自分では判断が難しいことがあります。 
  ご自身のことや身近な方のことで心配なことがある時は、「こころの健康相談」をご利用ください

 →こころの健康相談        こころの健康講座           自死遺族の会

           <自殺予防週間について>9月10日~16日 

                            

   

 

         こころの健康づくりのページに戻る       HOMEに戻る