スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 保健行政室 >  牛海綿状脳症(BSE)について


最終更新日:2013年9月13日(金)


牛海綿状脳症(BSE)について



牛海綿状脳症(BSE)について


 平成13年9月、国内で初めて、牛海綿状脳症(Bovine Spongiform Encephalopathy 以下「BSE」という。)に感染した牛が発見されたことにより、当保健所にも住民、食品関係者の方々から相談が寄せられています。
 BSEに関しての情報は、各行政機関のホームページにおいて提供されています。詳細はこちらのホームページをご覧ください。

  ・厚生労働省ホームページ

  ・農林水産省ホームページ

 食用牛を対象とするBSEの検査(エライザ法によるスクリーニング検査)は、全国の食肉衛生検査所や保健所で実施しています。十勝管内においては帯広食肉衛生検査所で当該検査を実施しており、道内のスクリーニング検査の結果については、随時、北海道庁のホームページで公表していますのでご覧ください。

  ・北海道庁ホームページ(スクリーニング検査結果)