スマートデバイス表示はこちら

音声で読み上げる  

十勝の概要

水産業

写真:十勝産シシャモ
十勝産ししゃもフェアin北の屋台

 十勝管内では、広尾町、大樹町、豊頃町及び浦幌町の4町が太平洋に面しており、海岸線総延長は100kmにおよんでいます。その大部分が砂浜で、岩礁地帯は南部の一部地域だけとなっています。
 沖合は、黒潮と親潮が交錯する有数の好漁場でサケ・マス、スケトウダラ、シシャモ、タコ、ツブ等を対象とした漁業が行われています。
 秋サケ、ウニ、マツカワカレイの種苗放流など栽培漁業の積極的な展開を図るとともに、ケガニ、シシャモなど資源の合理的利用を目指した資源管理型漁業の定着の促進、さらには、漁業資源の維持増大を図るため、魚礁や産卵礁の設置事業を進めています。
 また、北海道太平洋沿岸だけに分布し貴重で、しかも全国屈指の水揚げ量を誇りながら知名度が低い「十勝産シシャモ」をPRしようと、水産関係者と飲食業界が連携・協力し『十勝産ししゃもフェア』を開催するなどブランド化への取り組みを進めています。